度入りカラコンでお洒落を楽しむ|目が悪い人の強い味方

ウーマン

目立たないカラコンの特徴

カラコン

カラコンはそもそも瞳の色を変えるためのものなので、発色のいいカラコンを付けていると一目で分かります。友達と遊びに行く時や、コスプレをする時に装着することはあっても、仕事や学校に付けて行くには派手すぎて目立ちすぎてしまいます。仕方なく裸眼で行くという人もいるでしょうが、カラコンは付けているのといないのとではだいぶ印象が変わってきます。学校や仕事に付けていけるような目立たないカラコンは一体どういうものなのか調べてみました。まず一つ目の特徴として、ブラウンやブラックといった黒目に近い色ということです。やはりブルーやパープル、グリーンなどの派手な色だと黒目の色と違いすぎるので目立ってしまいます。目立たないカラコンというのはブラウンやブラックがほとんどで、付けていてもナチュラルに見えるようにできています。日本人の目の色は黒かこげ茶ですが、色素の薄い人は茶色の瞳をしています。より自分の目の色に近い色を選ぶことで、自然に見えるようになるでしょう。また、カラコンのサイズが小さいというのも目立たないカラコンの特徴です。サイズといってもカラコンの直径の長さです。人間の黒目のサイズはだいたい12mmです。それと同じくらいか、もしくは13mmまでであれば自然に見えます。カラコンは14mmが一番無難ではありますが、学校や仕事に装着していくには少し大きいかもしれません。最近では目立たないナチュラルなカラコンが増えており、13mm以下のコンタクトも種類が豊富になっています。自分に合ったカラコンを選んで、学校や仕事場でもおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。