医者になるためには

女子学生

必須は学力より人間力

医学部を受験したい。そう思う学生より医学部を受験させたいと思っている親のほうが多いように感じます。しかしいざ受験という時期には受験させたいという願い以上にどんな医者になって活躍するという気持ちが必要で、それを文章でまたは面接で面接官に伝える必要が出てきます。試験には面接と小論文が必須です。知識の詰込みでは対応できません。また実生活から得た知識、経験、問題解決へどのように自分が考えたのかを問われてきます。詰め込んだありきたりの答えの学生は受験でふるい落とされます。例えば、尊厳死についてや移植医療。遺伝子治療、生命倫理など正当のない課題に対して小論文を書く必要がでてきますしかも具体的な経験を書かないと文字数などに対応できません。ある程度の医学用語を用いて説明できることも必要でしょう。また医学部という特性上自己で健康管理がきちんとできる能力が求められるため出席日数は重要な要素であることも忘れてはいけません。これが今のところ日本で行われている医学部受験の特徴ですが、欧米ではこれ以外にも、ボランティアにどれぐらい参加しているか、医学以外の学問にも精通しているかといった点も重要視されます。これからの日本の医学部受験にも必要になってくるかもしれません。様々経験とそれを表現する能力をみにつけるのは幼いころからの経験と表現するコミュニケーション能力を上げていくことです。受験したいという気持ちと受験させたいという気持ちの両輪を幼いころから常に考えて日々努力させることを覚えておいてください。人間力を身に着けるということを念頭にしてみてください。

Copyright© 2018 専門知識なら通信制高校で学ぼう【学費が安い】 All Rights Reserved.