度入りカラコンでお洒落を楽しむ|目が悪い人の強い味方

ウーマン

おしゃれメガネを選ぶコツ

眼鏡

以前は、メガネというものは視力の悪い人が付けるもので、メガネを付けている人は地味だというイメージを持っていた人もいるでしょう。しかし最近ではメガネもファッションのおしゃれアイテムの一部として認識されるようになり、目が悪くなくても伊達メガネのように度の入っていないメガネを付ける人が多くなっています。伊達メガネの需要が高まり、おしゃれなデザインのものが増えてきました。しかし、自分に合う伊達メガネを探すのは大変です。色のバリエーションは豊富ですが、人によっては似合わない色もあります。自分に合う色を見つけるには、まず自分の肌の色や髪の色、または目の色に合わせて決めるといいでしょう。日本人の肌の色はピンク系とベージュより少し赤みの強いオークル系の2タイプに分かれます。そしてさらにその中から肌の白い人、黒い人に分かれるのです。肌がピンク系の場合は、白やライトブルーなどの涼しげな色が合っています。ピンク系の中でも肌が黒い人は、黒やワインレッドなどのフレームの色が濃いほうがおすすめです。逆にオークル系の肌でなおかつ色白という人は黄色やオレンジなどの明るい色が最適です。オークル系でも肌が黒いタイプの人は、ダークブラウンなどの渋めの色が合っています。また、肌の色だけでなくその日のファッションで決めるという方法もあります。その日のファッションに合っていないとメガネが浮いて見えてしまうので、メガネをかけた顔だけでなく全身を見て判断するようにしましょう。自分のおしゃれスキルを磨くためにも、自分にぴったりのおしゃれめがねを見極められるようになりましょう。